Forum

職員への感染防護具の着脱方法などの指導...
 
Notifications
Clear all

職員への感染防護具の着脱方法などの指導はどうされてますか?  

  RSS

(@healthcare-mgr-edu)
メンバー Admin
参加: 6か月 前
投稿: 4
08/04/2020 8:46 am  

N95の装着だけでなく、的確な感染防護具の装脱着ができない医療者もいるのが実情です。時間や人的余裕もない中で、どのように指導、再トレーニングをしていますか?


引用
 K CNIC
(@K CNIC)
ゲスト
参加: 6か月 前
投稿: 3
10/04/2020 11:09 pm  

医療者の中で1番出来ているのは看護師ではないかと考えます。

その場でお互いに声を掛けながら適切に着脱が出来ているか声を掛け合うようにしています。(特に、脱衣時に注意しています)

また、着脱の手順を見やすいところに掲示し、見ながらやってもらっています。


返信引用
 齋藤大輔
(@齋藤大輔)
ゲスト
参加: 6か月 前
投稿: 1
12/04/2020 7:32 pm  

この問題は重要ですね。臨床動線を考えると、いくつかのポイントがあると持っています。それは、①緊急度、②実施者の成熟度、③普段使用できるツールの充足度です。

まず、すでに現場が混乱しているようでしたら、③を充足させることが必要です。どういくことかというと、見ればわかるようなものを作る、ないし学会なのものを引用して、大きく提示することです。きちんとしたPPEができていないと、暴露リスクが高くなりますからね。とくにN95マスクのフィッティングができているかテストする部分、あとは脱ぐ時に手袋を外す方法、サージカルカップを外す方法など、注意喚起が必要です。あとは、現場で注意するのは、看護師だけでなく、普段もっとなれていないCEなどにも注意喚起が必要です。とにかくお高いに声かけ運動が大事ですね!

あと、臨床ではゾーンニングもPPEとからめて指導するといいと思います。どこで脱ぐか、N95はどこで外すか、検体はどこで、どのように渡すべきか、などですね、具体的にここもいれるといいかもです!

また、まだ緊急度が低く、時間的猶予があるのであれば、もう地道に1つ1つ教育するのみです。また、実際患者来た時どうする?というシミュレーションもしておくといいと思います。そのうえで、普段使いできるツールをバンバン作る、ですね。

大事なことは、自施設の立ち位置で、最悪になったときのシナリオと踏まえ、どう実践体制をと整えるか、をかんがえて計画してみて下さい。


返信引用

返信する


許可された最大ファイルサイズ 10MB

 
Preview 0 Revisions Saved
Share: